クラウドソーシング活用で、多様な働き方に活かせる気付きを得る

クラウドソーシング活用で、多様な働き方に活かせる気付きを得る
働き方改革の風潮が広がり、多様な働き方が一般的になりつつある今。マネジメント層の方々は、いざ配下の部下がオフィスを離れて働くとなったら難しさを感じてしまうかもしれません。 クラウドソーシングでの発注を『空間を共にしない働き方の疑似体験』と捉えると、テレワーク導入時に意識したいポイントが自然と見えてきます。 この記事では、クラウドソーシング活用を通して意識化でき、遠隔の業務指示で生かせるポイントを3つをご紹介します。

オフィスから離れた自由な働き方。メリットもあるけど不安もある。

働き方改革の風潮拡大に伴い、多様な働き方が認められつつある現在。在宅ワークやサテライトオフィス勤務など、社員がオフィスから離れて働くテレワークも一般的になってきています。

しかし、いざテレワークが導入されるとなると不安な人もいるのではないでしょうか。特にマネジメント層の方々は、配下の部下がオフィスを離れて働くとなったら難しさを感じるかもしれません。

クラウドソーシングでの業務発注は、別の空間にいる人に業務指示を出すこと。空間を共にしない働き方を疑似体験できるため、遠隔での業務推進において意識すべるきポイントを掴むことができます。

この記事では、クラウドソーシング活用を通して意識化でき、遠隔の業務指示でも活かせるポイントをご紹介します。

ポイント1,お互いの業務時間を把握する重要性がわかる
ポイント2,業務内容を明確に言語化できるようになる
ポイント3,コミュニケーションの質や量を見直すようになる

ポイント1,お互いの業務時間を把握する重要性がわかる


クラウドソーシングでの発注経験が少ない人は、正式発注の前に進行スケジュールのすり合わせは行っても、「ランサーがいつ業務対応しているのか」「いつ連絡が取れるか・取れないか」まで確認することは少ないものです。

発注の際に、「連絡がとれると思っていたタイミングにチャットを送ったところ、思った以上に返信が遅く不安になってしまった……」という経験をすることはよくあります。このようなとき、オンラインコミュニケーションでは相手の動きが分からないことは想像以上に不安だと気づくはず。

ランサーによっては、

  • 平日は業務委託で働いているため、日中18:00までは返信が遅れます。
  • 小さい子供がいるため10:00-18:00の時間外は業務対応できません。

といったように、稼働時間や連絡が取れなくなる時間帯を予めプロフィールに記載している場合もあります。

稼働時間や連絡が取れるタイミングが分かるだけで、双方コミュニケーションが取りやすくなります。業務に着手してもらう前に、稼働時間を確認することを心がけるようになるでしょう。

ポイント2,業務内容を明確に言語化できるようになる


電話やテレビ通話を活用したとしても、オンラインコミュニケーションはチャットでのやりとりが中心になりがち。業務内容を明確にテキストに落とし込む必要があります。

クラウドソーシングでは、顔を合わせたことのない人とチャットで情報をやりとりしながら業務を進めなければいけません。依頼時の要件があいまいだと、期待した成果物が上がってこない可能性も十二分にあります。

ランサーにとって必要以上の修正は大きな負担。そのため、依頼時によくわからないと思った箇所は理解できるまで質問してくれます。ランサーとコミュニケーションをとることは、説明不足だったり表現を変えるべき点に気づく機会になるのです。

オンラインでの業務指示出しの見直しに繋がり、依頼したい業務内容を言語化するスキルが鍛えらます。

ポイント3,コミュニケーションの質や量を見直すようになる


依頼要件を明確に言語化して伝えられるようになったとしても、シェアすべき情報を充分に伝えられていないということはままあります。

クラウドソーシングでの発注に慣れた人でも、ランサーに発注経緯や成果物の活用方法を想像以上に詳しく聞かれた経験があるものです。情報不足によって対応業務がやり直しになったり無駄になったりすることを回避しようとするためです。

必要な情報が充分にシェアされていなかったことが業務対応後になってわかると、ランサーは発注者に対してネガティブな印象を持ってしまい、双方が業務を気持ちよく進められなくなります。これは、テレワークをする人も同じです。

会議やデスクでの会話に参加していなかった人に最終決定事項だけ伝えてしまうと、判断の経緯や意図が伝わらない可能性があります。そういった場合は、普段なら口頭で共有する情報をチームチャットでシェアするなどの配慮が必要です。

情報が充分にシェアされていなかったことが業務対応後になってわかると、「同様のことがまた起きるのではないか」と不安に思い、疑心暗鬼になってしまうかもしれません。情報共有を丁寧に行ったり、コミュニケーションの機会を増やしたりすることが、円滑な業務推進のために必要と気づけます。

まとめ

顔を合わせたことのないランサーとうまく業務を進められるようになれば、部下がテレワークを行なう際はもっと楽に感じるはずです。まずは納期に余裕のある業務を発注してみることから始めてみては?

すぐに発注するのは不安だったり、そもそもチャットやオンライン通話自体に不慣れという方は、見積りを取ったり過去の作品を見せもらったりすることから始めてみるのがおすすめです。ランサーへ見積り相談をする手順はこちらの記事で紹介中。ぜひ参考にしてみてください。