資料作成の過程を効率化し、コア・コンピタンスを活かす業務に注力。電通デジタルが「Lancers Pro」を活用する理由とは

資料作成の過程を効率化し、コア・コンピタンスを活かす業務に注力。電通デジタルが「Lancers Pro」を活用する理由とは
電通グループにおけるデジタルマーケティングの中核企業の役割を担っている電通デジタル。多様化する顧客ニーズに合わせて編成される専門性の高いチーム体制、そして社員一人ひとりのハイパフォーマンスが成果を最大化するマーケティングを可能にしています。 このたび、資料作成の効率化を図るため、高度なスキルを持つフリーランスを紹介する「Lancers Pro」をご利用いただきました。クオリティを重視する電通デジタルが、なぜフリーランスの活用を決めたのか。同社のアカウントイノベーション部門・統合プロデュース事業部 グループマネージャー 尾崎 太亮さんにお話を伺いました。

「Lancers Pro」活用前に感じていた課題

限られた時間内で、質の高い提案資料の制作を効率よく進めたい

働き方改革が進む一方で、急速に変化するデジタル業界に対応し顧客企業が満足のいくサービスを提供するため、限られた時間内での仕事の質の向上に注力していた。そんな中、多くの時間を割いている資料作成について課題を感じていた。

顔が見えるフリーランスと継続的にお付き合いしたい

顔が見えないリモートワークではコミュニケーションロスの心配があるため、顔が見えて、安心して依頼できるフリーランスを希望していた。

「Lancers Pro」でこう解決!

社内で行う作業と依頼する作業を分けて、品質・スピードを維持

企画立案・内容精査を社内、資料制作を外部、と制作過程を切り分けて依頼することで、資料の質を維持しながら作業時間の効率化につなげられた。

顔合わせと実績・保有スキルの提供により、安心できるフリーランスと出会えた

要件にマッチする方を紹介してくれて、事前に興味のある方と顔を見ながら打ち合わせができるので、依頼時の不安がなく進行もスムーズ。アウトプットも満足できたため、継続的に依頼しやすいフローができた。

日進月歩のデジタル領域でハイパフォーマンスを維持するために

――事業内容を教えてください。
電通デジタルは、デジタルマーケティング領域でコンサルティングから開発・実装、運用・実行支援まで行っています。デジタル広告に特化した会社と思われることが多いのですが、コンサルティングファームやSlerの機能も併せ持ち、デジタルマーケティング促進に向け顧客企業が求める機能をワンストップで提供しています。

最近では、デジタルを活用した新しいサービスモデルを立ち上げたいという要望も増えていまして、ビジネス設計からコンサルティングさせていただく機会も多くなっています。

――今回、Lancers Proに資料作成のご依頼をいただきました。外注しようと決めた経緯を教えていただけますか?
当社では事業の特性上、膨大な量の資料作成業務が発生します。さらに言うと、デジタル領域は日進月歩なので、一度作成したら終わりではないんですね。

例えば、3カ月後にはまったく新しいサービスが追加されることもあれば、情報のアップデートが必要なこともあります。アウトプットのスピードが遅くなると、当社のバリューが損なわれてしまうので、非常に重要な業務になるわけです。

一方で、働き方改革が進み限られた時間のなかで、いかにアウトプットのスピードと質を担保していくか。この点が議論の的になっていました。

解決策を模索するなかで、メンバーの多くが資料作成にかなりの時間を使っていることが分かってきたため、まずはトライアルとして、資料作成を外注してみようという話になりました。

「スキルマッチ」と「顔が見えない不安」。2つの懸念点をLancers Proが解消してくれた

アカウントイノベーション部門・統合プロデュース事業部 グループマネージャー 尾崎 太亮さん

――具体的には、どのような資料の作成を依頼されたんでしょうか?
今回、Lancers Proに依頼させていただいたのは、会社紹介をするケイパビリティ資料や新規チーム紹介資料の作成です。パワーポイントでのデザインを含めて、お願いしました。

じつは、これまで資料作成を外注するという感覚を持っていませんでした。当社には多様な業務領域があり、外注で資料の品質を保つのは難しいだろうと考えていたからです。

ですが、工程を細分化すると、資料作成は大きく「ストーリー作り」と「制作」に分けられます。内容の精査は社内で行い、制作部分を外注するというように業務を切り分ければ、質を担保しながら効率化が図れるのではと考えたわけです。

――外注先を企業ではなく、フリーランスにした理由を教えていただけますか?
外注先を決めるにあたっては、品質と費用のバランスを考えました。提案資料や紹介資料というのは、Webサイトやツールのようにそれ自体を納品し対価を頂くわけではないので、どうしても経費としてシビアにならざるを得ません。そこで、フリーランスの方を視野に入れて検討を進めました。

――Lancers Proを選んだのは、どのような理由からでしょうか?
フリーランスの方にお願いするにあたって懸念されるのは、やはり依頼内容に適したスキルを有しているかということです。Lancers Proは、要件を伝えると実績や保有スキルがマッチしている方を紹介していただけるので、安心感がありました。

加えて、クラウドワーカーの場合、顔が見えないことへの不安があったのですが、最初にビデオ通話で打ち合わせできる点も良かったですね。社内でも、「どんな人か分からない状態で依頼するのは難しい」という声が多かったのですが、Lancers Proは、この不安を解消してくれました。

最初に紹介料はかかりますが、相性の良い方が見つかれば、次からは制作費用のみになります。継続的にお願いしやすい仕組みになっている点も気に入っています。

「資料作成の属人化」を改善。想定外の変化が社内に起きた

フリーランスの方に依頼して作成したケーパビリティ資料

――実際に納品された資料の品質はどうでしたか?
当社が求めるスキルにマッチした方が見つかったこともあり、品質については満足しています。

資料作成を依頼させていただいたのは沖縄の方だったんですが、コミュニケーションもとても良くて、例えば「途中段階ですが、方向性はどうでしょうか?」など、要所で経過報告をこまめにいただきました。

初回がうまくいったので翻訳の仕事も依頼してみようという話になり、追加で別のフリーランスの方もお願いしたんです。こちらも高いクオリティで納品していただきました。

――Lancers Proを活用して、社内に変化はありましたか?
社内の変化としては、大きく2つあります。

一つは、資料作成の属人化を改善するポイントを可視化できたことです。これまで、資料の中身やデザインは、作成者のスキルや感覚によるところが大きかったのですが、制作部分を外注するにあたって、制作工程や内容を精査するステップが整理されました。

「何を目的にこのデザインにするのか」といった作成の意図を、ちゃんと説明できるようにしていこうという意識が高まったんですね。これは、想定していなかった成果でした。

もう一つは、アウトプット品質を安定させる依頼方法の仕組み化が進んだことです。コミュニケーションの取り方や途中の調整ポイントなどが整理されてきているので、とくに若手社員のスキルアップに役立っています。

まだ始めたばかりではありますが良い手応えを感じているので、今後は社内共有を進めながら、アウトプットの質とスピードアップを実現していきたいと思っています。

コア・コンピタンスを生かすには、社外パートナーの存在が重要になる

――今後もフリーランスを活用していくご意向はありますか?
私たちの仕事でいちばん大事なのは、最終的に顧客企業の満足につながるアウトプットをすることです。そのためには、集中的に力を注いでコア・コンピタンスを活かす業務と、外注して効率化を図る業務をしっかり整理する必要があります。

単にリソースが足りないから外注しようということではなくて、コア・コンピタンスをより強める方法でなければならないわけです。その意味で、必要なスキルを有し、かつ臨機応変に対応してもらえるフリーランスの存在は、社外パートナー的な位置づけになってくると考えています。

今回、Lancers Proを利用したことで、フリーランスの方の印象が社内でも良い方向に更新されたように思います。

――今後、Lancers Proに期待されていることがありましたら、ぜひ教えてください。
今後、より一層働き方の多様化が進むことで、高いスキルを持ちながら組織には所属せず働くフリーランスがもっと増えるだろうと思います。
そのような中でLancers Proは、さまざまな得意分野を持つフリーランスの方とのつながりを作れる場として、とても期待しています。