「自社ECサイトで家具の魅力を全国へ!」創業100年の家具店がShopify構築の発注先でフリーランスを選んだ理由

「自社ECサイトで家具の魅力を全国へ!」創業100年の家具店がShopify構築の発注先でフリーランスを選んだ理由
福岡県北九州市の小倉に実店舗を構える「徳永家具」。福岡県の家具産地・大川の家具をメインに取り扱う創業100年の歴史を持つ家具の小売店です。2021年6月に「ファッションのようにインテリアを楽しむ」をコンセプトに、Shopifyによる自社ECサイトをリリース。ECサイト構築にはランサーズをご利用いただきました。ランサーズを活用することにした経緯や実際に利用した所感、効果について販売主任の徳永宇映さんにお話を伺いました。

Lancers活用前に抱えていた課題

安心感を持てるところに依頼したい

やり取りやスキル面で安心できる人に依頼したいと考えていたが、依頼前に判断できる材料がなく選定に困っていた。制作会社に依頼するか、フリーランスにするかという点でも迷っていた。

質の高いECサイトを構築したい

個別性が高く複雑な仕様のECサイト構築を考えていたため、高レベルで対応できるスキル・技術を持つ人を探していた。

Lancersでこう解決!

Shopify認定資格や利用者の評価を事前に確認できるので安心して依頼

ランサーズにはECサイト構築経験者が多く、Shopify認定資格や実際の利用者の評価を事前に確認できる。また、制作会社への打診時は営業担当としか話せなかったが、ランサーズでは直接プログラマーと技術的な話ができるため、安心して依頼することができた。

高いスキルを持つフリーランスとの出会いで、期待以上の仕上がりに

当初想定していなかった問題に直面しても、より良い代案を提案してくれる高スキルのフリーランスと出会えたことで、一つひとつの問題をクリア。期待値以上の仕上がりになった。

大手チェーン店にはない「突き抜けた」商品を提供していきたい


――事業内容を教えてください。
当社は家具・インテリア用品の流通・販売事業を行っており、福岡県北九州市の小倉に実店舗を構えています。主な取り扱い商品は、福岡県の家具産地・大川の家具で、創業から100年ほどになります。

大川家具は470年ほどの歴史がある伝統産業で、長い時間の中で技術が磨かれてきました。現在も日本有数の家具産地として多くの職人さんがいらっしゃり、良質な家具を手頃な価格で提供しています。この良さをもっと広めていきたいと思っています。

――創業100年の歴史をお持ちですが、大手チェーン店が台頭する中でどのような事業展開を目指されていますか?
大手チェーン店では「安くて良いもの」という価値を提供されており、デザイン的には大多数の人が好むベーシックデザインが多いという特徴があります。

当社が扱っている大川家具は、ベーシックなものに加え、よりデザインや素材・仕上げまでこだわった商品も多く、大手チェーン店では見つからないような家具・インテリアとの出会いがあります。そうした商品の魅力ができるだけそのまま伝わるようお届けすることで、当社ならではの商品力を打ち出していきたいと考えています。

――自社ECサイトを構築しようと思った背景を教えていただけますか?
当社がECサイトの構築を検討し始めたのは、2020年の12月頃からです。コロナ禍で「おうち時間」が増えていく中で、家具業界全体としては売上が伸びたんですね。これは、家で過ごす時間が増えたことで、家具やインテリアで気分を一新したいというニーズが増えたためです。なかでもEC市場の伸びが顕著で、当社も乗り遅れることがないようにECの展開に踏み切ったという背景です。

当社においても緊急事態宣言が発令されて1~2か月は売上が減少しましたが、それ以降はコロナ以前よりも伸びています。家具やインテリアへの興味関心が高まっている今だからこそ、EC市場に参入し、将来につながるような事業展開をしていきたいと考えました。

できる・できないではなく代案を提案してくれる素晴らしいフリーランスに出会った


――ShopifyでのECサイト構築にランサーズを活用することにした経緯を教えていただけますか?
サイトを構築する前段階として、ネーミングやロゴデザインに関する知識がまったくなかったので、まずはそこから考えなくてはいけない状態でした。制作をお願いするところを検討しているときに、ランサーズを始め、フリーランスを活用できるプラットフォームがいろいろあることを知りました。そこで、まずはフリーランスの方にコンペ形式でネーミングとロゴデザインの制作を依頼し、「kaguaroo」(カグアルー)の名称とロゴを決めました。

ECサイト構築においてもフリーランスの方を活用できることをそこで知ったわけですが、正直なところ、個人の方にお願いすることに当初は不安があり、数社の制作会社にお声がけをして話を聞いてみました。

制作会社には「予算内でこんなことを実現したい」とお伝えしたのですが、「できますよ」とは言ってくれるものの、それ以上の判断材料となる情報を得られなかったんですね。というのは、各社ともに打ち合わせをする相手は営業さんになるので、技術的な話を聞くことができないわけです。

一方、フリーランスの方は実際にサイト構築にあたるプログラマーになるので、技術面から「できます」と説明してくれます。これなら安心して依頼できると思い、フリーランスの方にお願いすることにしたという経緯です。

フリーランスのプラットフォームも何社か検討しましたが、ランサーズにはECサイト構築の経験者が多く、実際に依頼した企業からの評価もしっかり記載されている点に安心感を持てました。当社に合う方を選ぶことができると感じ、ランサーズを利用することにしました。

――ランサーズを選んだ決め手を教えていただけますか?
当社が選定基準として重視したのは、安心感を持って依頼できるかという点と、高レベルのスキルを持っているかという点の2つです。フリーランスの中から候補者を絞り込むうえでは、Shopifyの認定資格を持っているかどうかを一つの判断軸にして探しました。

実際には10名くらいのフリーランスの方とお話をさせていただいたのですが、ランサーズで素晴らしいスキルを持っている方に出会うことができました。これが、ランサーズを選んだ決め手です。

当社が考えていたECサイトの仕様の中に、少し複雑になってしまう箇所がいくつかあったのですが、そのランサーさんは「できる・できない」を即座に回答してくれるだけでなく、「他にこういった方法があります」ということも提示してくれました。本当に優秀な方と出会えたおかげで、安心して依頼することができました。

自社ブランドを打ち出し、価格だけではない価値を訴求できるECサイトを構築したい


――Shopify でECサイトを構築するにあたって、貴社が実現したかったことを教えていただけますか?
当社が実現したかったことは、大きく2つあります。1つ目は配送費の課題をクリアすることです。家具は物流経費がかなり高く、たとえばベッド1台を関東圏に配送しようと思うと1万円ほどかかります。そのため、当サイトではエリア限定配送という仕組みを作り、より低価格で提供できるシステムをサイト内に構築したいと考えていました。

2つ目は、モールにはない魅力が伝わるように、専門店としての見せ方にこだわっていくということ。たとえば、ベッド専門店やデザインソファ&チェア専門店というように、ひとつのドメインで複数の専門店がある見せ方にしたかったんです。

モールの場合、お客様から見るとお店はどこでもよく、検索にヒットした商品を購入する流れになりますよね。そのため、お店の特徴を出しにくく、価格競争になりがちです。Shopifyなら専門店化を図るうえで重要になるデザイン性にこだわることができますし、機能面から見ても、できることの幅が広い。いくつかのサービスを比較検討しましたが、当社が実現したい2つのことを形にするうえでShopifyがぴったり合致していました。

今後は動画やアプリも活用していきたいと考えているのですが、そうした各種サービスと連携できる点も魅力でした。自社ブランドを打ち出しながら、価格だけではない価値を訴求できるECサイトを目指したいと思っています。

細かな調整にも対応してくれるので、どんどん良いものに育っていく


――実際にランサーズを使ってみた所感を教えてください。
プログラマーと直接話をしながら進められるので、当社が実現したいことや温度感をそのまま伝えられるという点で、最初から安心感がありました。

とはいえ、事前にしっかりすり合わせを行ったとしても、最初に見えているのは出来上がりの5割くらいで、進めていく中では想定していなかった問題が出てくるものです。そうしたときにも、より良い代案を出してくださり、一つひとつの問題をすべて解決してくれました。

当社が出している要望は、配送の仕組み化など個別性が高く複雑になってしまう部分も多かったのですが、高レベルなスキルを持っている方と出会えたことで安心して進めることができました。また、構築後にも細かな調整が発生しますが、随時対応してくださるので、どんどん良いものに育っている実感があります。

低予算で、できるだけプロレベルの仕様に近づけたいという思いを持っていましたが、期待していた以上のものに仕上がり、大変感謝しています。

――ECサイトをリリースした後、どのような効果や反響がありますか?
まだスタートから間もないので成果はこれからだと思いますが、リリースとほぼ同時に3件の受注をいただき、確かな手応えを感じています。実店舗にくわえ、新たな販路開拓ができたことは大きなメリットです。

また、取引先のメーカーさんからは、今までは少なかった関東圏からの注文が入ったことで大変喜ばれました。家具産地・大川には、まだ多くの方に知ってほしい魅力的な商品がたくさんあります。良質な家具を低価格でお届けすることにこだわっていけば、お客様から支持されるECサイトへと成長していけると思っています。

技術面で見ても、今後のECサイト構築にはフリーランス活用がおすすめ


――徳永家具様の今後の展望を教えてください。
まずは、モールに負けない自社ECサイトならではの価値を提供していきたいと考えています。モールより安く提供できる仕組みづくりや商品の魅力が伝わる見せ方、見ているだけでもわくわくするようなサイトデザイン、SNSとの連携など、やりたいことはいろいろあります。

これらを実現するための表現性や機能の拡張性において、Shopifyは今後の可能性を広げてくれると感じています。ゆくゆくは自社のオリジナルブランドも立ち上げたいと考えているので、その際はまたランサーズにお力添えいただきたいです。

――今後、ランサーズに期待することを教えてください。
今後はECサイトの充実化に向けて、サイトやSNS上で使用するロゴやバナー制作などもお願いしたいと思っています。このほか、ECサイトの集客力アップに向けて、サポートしていただけると嬉しいですね。ECサイト運営を成功させるためのいろいろなサービスに、今後も期待しています。

――最後に、ランサーズの導入を検討されている企業様に向けて、一押しのポイントをお願いします!
ShopifyでのECサイト構築では、制作会社かフリーランスかという選択肢がありますが、私個人としてはフリーランスをおすすめしたいです。

ランサーズは安心して利用できる環境を提供していますし、フリーランスの方とのやり取りも思っている以上にスムーズです。技術的にも非常に高いスキルを持っている方がたくさん登録されていて、コストパフォーマンスも高いのではないでしょうか。ぜひ一度、検討してみてほしいですね。

===============================
ShopifyでのECサイト新規構築、運用支援はこちら
===============================

取材・文:solaneko(ランサーズネーム)
https://www.lancers.jp/profile/solaneko
出版社に18年勤務。編集長、メディア設計・企画マネージャーを経験後、フリーランスに。記事、広告ともに20年のキャリアで数百社の取材・インタビューを経験しています。