スカウトされるランサーになったほうがよい理由とは?

スカウトされるランサーになったほうがよい理由とは?
ランサーズには「タスク方式」「コンペ方式」「プロジェクト方式」といったおもに3種類の仕事方式が存在します。ただ、それだけではないんです。皆さんは「プロジェクト方式」のなかに「スカウト」という方式があるのをご存知ですか? クライアントから直接に依頼が舞い込む「スカウト」。スカウト受注を増やしたほうがよい理由についてご説明いたします。
● 公開プロジェクトよりもスカウトのほうが案件数は1.5倍多い
● 公開プロジェクトよりもスカウトのほうが仕事完了までの工数は50%削減
● 公開プロジェクトよりもスカウトのほうが単価は1.6倍高。

実は水面下で依頼されるスカウトの案件数は多い

ランサーズにはアンケートやレビュー・データ入力など比較的簡単な作業をこなす「タスク方式」。コンペティションのように、依頼に対し直接デザインなどの成果物を提案する「コンペ方式」。まず見積もりを提案し、依頼金額をクライアントと調整したうえで仕事を進める「プロジェクト方式」の大きく3種類が存在します。

さらにプロジェクト方式も「公開プロジェクト」と「スカウト(直接依頼)」の2種類に分けられます。「公開プロジェクト」は提案を公募する方式になり、必ず採用されるわけではありません。一方、「スカウト(直接依頼)」はクライアントから直接指定のランサーさんだけに依頼がおこなわれる方式なので、提案は基本的に採用されます。

ランサーズのサービス上でランサーさんが閲覧できる仕事は、実はタスク方式、コンペ方式、公開プロジェクト方式の依頼といった公開式の案件のみです。その水面下でランサーさんには見えないかたちのスカウト(直接依頼)は多数おこなわれているのです。

その数、実にランサーズ全体の依頼の60%以上。タスク方式やコンペ方式、公開プロジェクトといった依頼方式があるなかでスカウト(直接依頼)が過半数以上を占めているのです。

効率よく報酬を稼ぐには、スカウトのほうがよい

スカウト(直接依頼)のほうが依頼数は多いことは前章で説明しましたが、効率よく報酬額をアップさせるためにもスカウト(直接依頼)が最適なのです。その理由が、仕事がスタートするまでの時間の短さにあります。公開プロジェクトと比較してみましょう。

公開プロジェクトでは、

 1、自分にあった案件を探す
 2、依頼詳細で依頼内容、単価、難易度などを確認し、提案できそうな依頼を絞る
 3、依頼内容に沿った提案文を作成する
 4、提案フォームより提案をおこなう
 5、依頼が募集中から選定中ステータスに変わるのを待つ
 6、クライアントがランサーを選定するのを待つ
 7、選定前にクライアントから質問がきたら返答する
 8、自分の提案が選定される
 9、依頼金額を調整し、決定する
 10、クライアントより仮入金がされる → 仕事スタート

といった流れです。どうですか……? 多少、細かく分解しましたが大きく10段階のプロセスを経る必要があるのです。しかも、全てがすべて選定されるわけではありません。念入りに考えて提案文を作成したのに、クライアントに選ばれなかった……なんてこともあります。

それでは、スカウト(直接依頼)の場合はどうでしょうか。

 1、クライアントからスカウト(直接依頼)の通知が届く
 2、依頼詳細を確認し、案件を受けられそうか確認する
 3、受けられると判断し、提案をする
 4、クライアントからのスカウトなので、すぐに選定される
 5、依頼金額を調整し、決定する
 6、クライアントより仮入金がされる → 仕事スタート

仕事スタートまでのプロセス数で見ると、約半分の工数で仕事をスタートさせることができます。もちろん、純粋な対応時間ではないですが、公開プロジェクトでの受注スタイルから、スカウト(直接依頼)での受注スタイルにシフトするだけで、純粋に倍近い案件をまわすことができるのではないでしょうか。

また、直接指名されるということはクライアントもランサーさんに大きく信頼と期待を寄せているということ。そのため、公開プロジェクトより平均で1.6倍単価が高いというデータがあります。

”受注サイクルの効率もあがるうえに、1本あたりの単価もあがる”……これがスカウト(直接依頼)をオススメする理由です。