稼ぎたい金額を意識して、自分に合った仕事を見極めよう!

稼ぎたい金額を意識して、自分に合った仕事を見極めよう!
クライアントから直接依頼(スカウト)が来る、公開募集されている依頼に提案する(公開プロジェクト)どちらの場合も、どのような基準で仕事を選んでいますか? 自身に合った仕事の見極め方をお届けします。
● スキルに見合った案件選びと依頼内容の明確化
● クライアントの実績や評価を確認
● 稼ぎたい金額から考えてみる

スキルに見合う案件選びと依頼内容の明確化

まず、提案やスカウト依頼を受注する際は自身のスキル、状況を考え実現可能なのかを考えましょう。無理をしてクライアントに迷惑をかけることで評価が下がり、信用を失うこともあります。自身のスキルに見合った仕事を選んで、責任を持って完遂できることが最も重要です。

また、クライアントの依頼の内容が明確かどうかを必ず確認しましょう。依頼の報酬金額が良かったり、自身が得意な分野であっても注意が必要になります。

依頼詳細を確認、把握せずに仕事を進めてしまうと後々トラブルになってしまったり、予期せぬ工数がかかってしまったりすることも。月の目標としている報酬額の獲得に暗雲が立ち込めるといったことにもつながります。

クライアントからの依頼内容を確認し、不安や疑問なく進めることのできる情報が揃っていないと感じたら、クライアントに質問してみましょう。仕事をする前にお互いの不安要素や疑問点を解決して、気持ちよく建設的な仕事ができれば、その後の継続受注につながる可能性も高まります。

クライアントの実績や評価も確認

スキルに見合っているかどうか、依頼の詳細が明確かどうかを確認することに加えて、注意しておきたいのはクライアントの発注率や評価、コメントです。

仕事を選ぶ際には、実際にクライアントがランサーさんにお仕事を依頼した数や、お仕事をしたランサーさんからの評価やコメントも確認しておくことをおすすめします。

クライアントにも様々な事情があるため一概には言えませんが、あまりにも発注率が低いクライアントがいることも確かです。クライアントの発注率は公開プロジェクトへの提案などの際は特に注意して確認しておきたいポイントです。

これまでに発注実績のあるクライアントであれば、評価やランサーさんからのコメントも見ておきましょう。しっかりとしたクライアントであればコメント欄見てみるとこれまで仕事をしたランサーさんからの感謝などポジティブなコメントが載っているはずです。

「いくら稼ぎたい!」から考える自分に合った仕事

自分に合った仕事を探す際に、 興味や関心を強く引くもの、得意なことや所持している資格を活用できるものなど様々あるかと思いますが、稼ぎたい金額から仕事を選ぶというのもおすすめです。

その理由は「この仕事は目標金額に達するうえで適切かどうか」というように考え、仕事を選ぶことができるためです。

「月10万円が目標。週に作業できる時間が15時間」という目標金額と稼働可能時間があるとすると、時給換算した際に1時間で約1,700円を稼ぐ必要があります。そして、たとえばライター方であれば、文字単価がいくらなのか、一記事を書き上げるのにどのくらいの時間を要するのかを考えることでより粒度細かく検討することができ、この仕事が自身(自身の目標)に適しているのかどうかを把握することができるでしょう。

限られた時間の中で、目標とする報酬額を効率的に稼ぐにはどうするのかを考えることで、自身に合った仕事の見極めに繋がります。

ランサーマイページには月の目標金額を設定できる場所があります。ぜひ、活用してみてください。

稼ぎたい金額を意識して、ご自身のスキルに合った仕事選びを実践しましょう!