メディア運用者なら知っておきたいランサーズ活用法

メディア運用者なら知っておきたいランサーズ活用法
「記事制作のためのリソースが足りない」「専門知識やスキルある人に執筆をお願いしたい」とお悩みのメディア運用担当の方へ。 ランサーズなら、必要な時に必要なだけ、多様な経歴のライターに業務を依頼することができます。 「ランサーズを活用してライターリソース不足を解消する方法」 「ランサーズで求める経歴や実績を持ったライターを探す方法」 をご紹介します。

記事作成にランサーズを活用するメリットは?

近年盛り上がりを見せているコンテンツマーケティング。記事作成に係るリソース不足が課題でなかなかチャレンジできなかったり、メディアを立ち上げても継続して更新ができない企業も多いようです。

ランサーズなら、クラウドソーシングのネットワークを活用して、必要な時に必要なだけ業務を外注することが可能。調べずに書ける体験談から、専門性や業務経験が必要なテーマまで、幅広く発注できます。

ランサーズを活用して、リソース拡充だけでなく、自社にないスキルや知見の補完する方法をご紹介します。

1,複数発注で、ライターリソース不足を解消
 1-1,複数のライターに手間なく記事制作を依頼するなら
 1-2,体験談などのライトな記事を多くの人から集めるなら
2,経歴や実績にこだわるなら、「ランサーをさがす」機能が役立つ
 2-1,メディアコンセンプトに合ったライターを探すなら
 2-2,編集・企画・構成ができるライターを探すなら
 2-3,取材・撮影ができるライターを探すなら

1,複数発注で、ライターリソース不足を解消

ランサーズでは、複数のライターを集め、一度に発注することが可能です。「メディア立ち上げにあたりまとまった数の記事が必要」「SEO対策のために記事を増やしたい」といった場合に、社外のライターリソースを活用する方法をご紹介します。

1-1,複数のライターに手間なく記事制作を依頼するなら

折衝の手間を最小限に抑えて条件に合うライターを探せる、プロジェクト方式での公募がおすすめ。発注者の依頼要件に合わせて、複数のランサーが見積りを提案してくれます。

スキルや経歴など求める条件を明確に指定しておくと、発注相手の選定がスムーズになります。また、「1ヵ月に何記事納品できる」といった自社が求める働き方ができるかどうかを提案条件に含めることで、発注後のミスマッチを防ぐことができます。

プロジェクト方式で依頼するには、マイページ右上の「仕事依頼(無料)」をクリック。

STEP2で「プロジェクト」を選択。必要項目を入力して依頼を作成してください。

1-2,体験談などのライトな記事を多くの人から集めるなら

体験談や口コミなど、比較的簡単なライティングを多くの人に依頼したい場合、期日を設けて作業を依頼できるタスク方式での発注がおすすめです。

タスク方式で依頼するには、マイページ右上の「仕事依頼(無料)」をクリック。

STEP2で「タスク」を選択。必要項目を入力して依頼を作成してください。

2,経歴や実績にこだわってライターを選びたいなら、「ランサーをさがす」機能が役立つ

「記事編集の経験がある」「税理士の資格を持っている」といった経歴や資格にこだわってライターを探したいなら、「ランサーをさがす」機能を使ってみては。プロフィール情報を基に詳しい絞り込みができるので、条件に合う人材を手間なく探すことができます。

2-1,メディアコンセンプトに合ったライターを探すなら

例えば、投資情報メディアの運営者が、税理士の資格を持っていたり税理士事務所での勤務経験のある女性ライターを探す場合。

プロフィールに「税理士」の記載があるライターを検索する手順はこちらです。
ページ左上「ランサーを探す」をクリック。

「ランサーをさがす」ページが表示されます。上部の「すべてのカテゴリ」をクリック。

プルダウンから「ライター」を選択してください。

更に細かく条件を指定していきます。「すべてのカテゴリ」下の「詳細検索」をクリック。

キーワードに加えて、年齢や性別といったデモグラフィック属性、稼働状況なども指定することが可能です。

検索結果には、プロフィール文が一部表示されます。更に詳しく読みたい場合は「続きを読む」をクリックしましょう。

仕事を依頼したいライターを見つけたら、まずはメッセージ機能を使ってコンタクトをとってください。

「この人に仕事を依頼」ボタンを使って依頼作成すると、指名発注ができます。メッセージで事前に依頼要件をすり合わせたうえで、仕事を依頼してください。

2-2,編集・企画・構成ができるライターを探すなら

編集経験のある人を検索する手順はこちら。
ページ左上「ランサーを探す」をクリック。

「ランサーをさがす」ページが表示されます。上部の「すべてのカテゴリ」をクリック。

「ライター>編集・校正>エディター」を選択することで、編集経験のあるライターに絞り込むことができます。

更にキーワード検索を併用することで、経験がある・得意とする分野も指定できます。「すべてのカテゴリ」下の「詳細検索」をクリック。

「次のキーワードをすべて含む(AND条件)」「次のキーワードのいずれかを含む(OR条件)」「次のキーワードを含まない(NOT条件)」をかけあわせたキーワード検索が可能です。

2-3,取材・撮影ができるライターを探すなら

取材・撮影経験のあるライターを検索する手順はこちら。
ページ左上「ランサーを探す」をクリック。

「ランサーをさがす」ページが表示されます。上部の「すべてのカテゴリ」をクリック。

「ライター>ライティング>インタビュアー・記者」を選択することで、取材経験のあるライターに絞り込むことができます。

更に細かく条件を指定する場合は、すべてのカテゴリ」下の「詳細検索」をクリック。

取材時に写真撮影が必須ならば、「写真撮影」などのキーワードを指定しましょう。

キーワードだけでなく、年齢や性別、居住地といったデモグラフィック属性、稼働状況も指定することができます。下部の都道府県のチェックボックスを併用すれば、取材先近郊に在住しているライターに絞ることも可能です。

まとめ

ランサーズで発注の多いライティングのお仕事。メディア運営をされている方は、すでにプロジェクト方式やコンペ方式を使って記事制作を行っている方もいるかもしれません。

最新の「ランサーをさがす」機能を活用すると、求める人材がより探しやすくなります。ライターをスカウトするという方法にもチャレンジしてみてください。

記事に適した発注方法を選んで、メディアの活性化にぜひ役立ててくださいね。